小さな人形がたくさんつり下げられた「つるし雛」、

みなさんご存知ですか?

人形ひとつひとつに違った意味が篭められているつるし雛は、

江戸時代に起源があるとされていますが、

今また注目を集め始めているんですよ。

 

そんなつるし雛の手作りキットが販売されていて、

簡単に自分で作れるんですよ!

 

W20140116231219843

そもそも、つるし雛って何?

つるし雛発祥の地とされているのは
山形県「傘福」

静岡県「雛のつるし飾り」

福岡県「さげもん」
です。

どれも江戸時代後期から始まり、

衣食住に困らないように」との意味を篭めながら、

お母さんやおばあちゃんたちが手作りをしたものです。

 

どんな飾りがあるの?

人や動物、食べ物など様々で、

例えば静岡のつるし雛だと、約50種類もの飾りがあるそうです。

 

そして、それらの飾りには一つ一つ意味があります。
ここでいくつか見てみましょう

  • 花・・・花の様にかわいく
  • うさぎ・・・神様のつかい
  • 犬・・・子宝、安産
  • 這い子人形・・・丈夫で元気に育つように
  • 唐辛子・・・女の子に悪い虫がつかないように
  • 猿・・・病が去る、災いが去る(高山のさるぼぼが有名です)

 

等々です。

 

いつどんな風に飾るの?

「7本の糸に7個ずつ。計49個」

「5本の糸に11個ずつの55個」
いろいろな飾り方がありますが、自由に好きなように飾っても問題はありません。

親から子への願いが伝わればそれで良いのだと思います。

飾る時期は、雛人形と同じように2月中旬ぐらいに出し、

雛祭りが終わってなるべく早くに片付ける、というのが一般的です。

また、雛人形もそうですが、湿気に弱いため、

カラッと晴れた日に片付けるようにしてくださいね。

 

最後に

昨今の住宅事情ではなかなか雛壇を出すのも収納するのも難しい事もあり、

つるし雛が見直されてきています。

手作り用のキットも各所で販売されているので、

昔のおかあさんたちの様に、

子供への願いを篭めながら一針一針縫って手作りするのもステキだと思います。

お子さんと一緒に作ってみるのもいいかもしれませんね。

 

で、肝心の手作りキットですが、楽天で見つけました。

もしよかったら、見て下さい

⇒つるし飾り つるし雛 キット
 

 

この記事を読まれた方は、こちらの記事もチェックしています