小銭がいらず、ポイントも付き、とても便利なクレジットカード。現金がなくても買えるため、

ついつい買いすぎてしまうこともあります。

 

 

そこで、「その支払いちょっと待った!」「やっぱり買うのやめたい!」という時、ありますよね。

では、クレジットカード払いを取り消すことは可能なのでしょうか?

「いつまでに返金してもらえるの?」「どんな処理になるの?」「取り消し時の注意点は?」

などの気になる疑問にお答えします。

 

クレジットカード払いの取り消し方法は?

まずは商品(サービス)を購入したお店に連絡し、返品(キャンセル)を申請しましょう!

クレジットカード会社に連絡しても意味がありません。

商品を購入した店舗側からキャンセルデータをクレジットカード会社に送ってもらわないといけないからです。

クレジットカード払いだからといって難しく考える必要はなく、現金での購入の時と同じ対応になるのです。

 

取り消したお金はいつ返金される?

一旦引き落とされる可能性も!!

では商品を購入した店舗に行き、返品したとしましょう。

ホッと一安心・・・しているところに困ったことが起きるかもしれません。

なんとクレジットカードの利用明細に請求があるかもしれないのです!

「どうして返品・キャンセルしたのに利用明細に請求があるのだろう?」と

当然不安に思われる方が多いことでしょう。

 

現金払いの場合、返品と同時に現金での返金が多くみられますが、

ここがクレジットカード払いとの違いとなります。

 

商品を購入した店舗からクレジットカード会社に送るキャンセルデータが

返品のタイミングによって遅れてしまうと、ひとまず支払い請求されてしまいます。

 

つまり、締め切り日にもよりますが、すぐに現金での返金が行われるわけではないのです。

基本的に返品(キャンセル)から2カ月以内に返金が行われます。

ただし、返金方法はクレジットカード払いの取り消しの場合、現金での返金ではなく、

翌月のクレジットカード代金からの相殺となることがほとんどです。

 

ここで気を付けていただきたいことがあります。

それは商品を返品したのにカード利用明細に2カ月以上経っても反映されてこない場合です。

この場合は大変かもしれませんが、もう一度行動を起こす必要があります。

 

その際もまずは商品を購入した店舗に連絡を取ってみましょう。

きちんと返品を受諾し、クレジットカード会社に返金処理を依頼していることを確認してみてください。

店舗側が返金処理をきちんと行っていたことが確認できたら今度はクレジットカード会社に確認をしてみましょう。

あくまで相手は店舗側だという認識が大切です。

現金の返済はできる?できない?

基本的に現金での返済は「できない」です。

理由はクレジットカード会社利用による手数料を店舗側が負担したくないからです。

クレジットカードに返金する形をとれば店舗側にも手数料が戻ってくるのです。

 

ただし、クレジットカード会社によっては、翌月のクレジットカード代金が返品した商品の代金より少ない場合、

相殺できないのでカード会社から口座に直接返金してもらえることがあります。

詳しくは各クレジットカード会社に確認していただければと思います。

 

購入前に要注意!取り消しができない3つの例

クレジットカード決済か現金かに関らず、

お店が何らかの理由により「返品(キャンセル)できない」と判断したときは法律にのっとっているため、

キャンセルできない場合があります。

アウトレット商品であったり、割引商品であったり、使用済だったり・・・

といった例が挙げられます。

 

また、ネットショップは返品条件がある場合があり、条件をクリアしないと返品できないことになります。

購入時によく確認しておく必要があります。

 

ただし、消費者を守る法律である「クーリングオフ制度」があるため、

一定期間内(主に8日間)は申し込みの撤回、契約の解除が可能な場合があります。

※クーリングオフ制度は本来業者からの強引な契約や不意打ち性のある販売方法への対策としてできたものなので、

消費者を保護する必要がないと判断されれば適応されません。

 

今回のまとめ

〇クレジットカード払いを取り消す方法

→カード会社ではなく、まずは店舗に連絡を!

 

〇返金方法

→2カ月以内に翌月の利用代金と相殺。2カ月経っても利用明細に何もなければもう一度店舗へ!

 

 

この記事を読まれた方は、こちらの記事もチェックしています