皆さんは雛人形をどのように選んでいますか?

結婚・出産で女の子が生まれた時に、初めて雛人形を意識するという方は、

少なくないと思います。

 

だけど、どんな雛人形を購入すればよいのか、長く使うものだからこそ悩みますよね。

 

今日ご紹介したいのは今大人気の木目込み雛人形です。

木目込み人形を選ぶメリットや相場などを皆さんに、

分かりやすくご紹介したいと思います。

 

images (1)

木目込み雛人形が人気の理由!(狭い家でも安心!)

木目込みって何?と思う方も居るかもしれませんが、

木目込み雛人形はとても人気のある雛人形の1つで、

様々な年齢層の方からも人気のあるお人形です。

 

木目込みは、かわいい童顔に木目込みのボディを組み合わせた雛人形です。

衣裳着は人の形を忠実に模写したものに対し、木目込みは作者の独創性があらわれ、

それが個性となって人気を呼んでいます。

また、その落ち着いた雰囲気から大人の人形とも言われています。

 

木目込み雛人形の長所

独特の芸術性や作家の個性があり、上品さがあります。

形くずれの心配がなく、飾りつけの面倒さもありません。

飾るスペースに限りがあるアパート・マンション住まいの方や、

おしゃれで落ち着いた雰囲気が好きな方にはとてもオススメです。

 

 

虫食いなどのデメリットは?

虫食いのリスクについては五分五分かと思います。

木目込みは型崩れの心配はありませんが、しまい方がよくないと、

紐の房の部分や結髪がバラバラに乱れてくる点では同じですし、

衣装着と違い着物とボディが密着している分、どちらかにダメージがあった時に、

お互いに伝わり易いと言われています。

木目込みの場合、ダメージ部分だけを剥がして元の衣装を最大限生かして、

張り替える修理は可能なので、その点はご安心ください。

 

又、木目込みも値段の幅が広く、安価なもののボディは、

桐塑や木彫ではなく樹脂でできていることがあり、

衣装も化繊が多いか正絹の含有率が多いかで虫食いのリスクは変わってきます。

購入の際のポイントにされると良いでしょう。

 

木目込み雛人形の相場は?

一概に相場として言うのは非常に難しいのですが、

一般的に購入される方が多い価格帯としては、5万~15万円と幅があります。

木目込み人形には、一秀・東光・真多呂など有名なものがあります。

価格で選ぶ方よりも、このような人形作家で選ぶ方も多いと言われています。

 

実際に人形屋さんに足を運ばれるとイメージも掴みやすく、

良い出会いもあるものです。

まずは、自分の足で出向いて手に取ってみるのも良いと思います。

 

この記事を読まれた方は、こちらの記事もチェックしています