gf2160421705

もうすぐ年賀状の季節ですね!

毎年何枚くらい出してますか?
50枚くらいが平均ですかね?
多い人だと100枚以上って方もいるじゃないでしょうか?

枚数が多くなると問題になってくるのが金額!

1枚50円なので100枚も買うと5000円にも上ります

年末のお金のいるときに5000円の出費は意外とキツイですよね

で、年賀状を定価ではなく安く手に入れる方法があるんですよ

それが金券ショップ!

知ってる人がおおいと思いますが
金券ショップだと最安値のお店で47円とかで販売されてたりします。

100枚買えば300円お得ですね。

100枚以上買う人にとっては、ぜひ利用したいところですよね!

じゃあ、なんで金券ショップに大量に年賀ハガキが大量に売られているのか!?

ずっと気になってたんですが、今日の新聞の記事でびっくりしました!

金券ショップの年賀ハガキは局員による自爆営業!!

なんと、その理由は郵便局員が売ってる!って内容なんです!!

どういう事かというと、
郵便局員には年賀ハガキを販売するノルマがあるらしく

そのノルマを達成できない局員が金券ショップに転売してるそうなんですよ!

定価と販売価格の差額がどうしても出ますけど
それはしょうがないと割り切って売ってるそうです。

すべてを自力で売ることが出来ないから
自費を出して金券ショップに販売・・・

しかも、少しでも高く買い取ってもらえるお店を探したり
ばれないように遠方に売りにいったり・・・

そういった行為を「自爆営業」って呼ぶそうですよ。

そりゃ、金券ショップに大量に年賀ハガキが置いてるはずですよ。。。

新品となんら変わりないから、みんな金券ショップで買うことになりますよね。。。

郵便局員は損して、金券ショップはもうかる・・・
こういったWin-Loseの関係は知ると悲しくなります。。。

なんかWin-Winになるいい方法はないものですかね。

【いんさつどっとねっと】年賀状印刷注文サイト

この記事を読まれた方は、こちらの記事もチェックしています