ホクホクと美味しいじゃがいもは、大人も子ども大好き!

カレーやシチューに入れたり、煮物やコロッケ、フライドポテトなど、

料理方法もいろいろあります。

 

そのじゃがいもの芽には毒があることが知られています。

小学校でも、じゃがいもは必ず芽を取って調理すると習いましたよね?

 

実際にどんな毒があるのか、調べてみました

ソラニンとチャコニン

じゃがいもの芽に含まれている毒素は、

ソランンやチャコニンという天然毒素です。

芽の部分だけでなく、皮の部分が緑色に変色したところにも含まれています。

 

このソラニンやチャコニンを食べることで中毒となり、

頭痛、腹痛、嘔吐、下痢、めまいなどの症状が現れます。

過去には大量に摂取したことによる死亡例もあるそうです。

 

死亡と聞くと怖くなってしまいますが、

取り除いて調理すればまったく問題ありません。

そのためには、次のことを守りましょう。

  • 芽をしっかりえぐり取る
  • 緑色に変色している皮の部分は厚めに剥く
  • 発芽しているじゃがいもは買わない

 

家庭菜園での落とし穴

じゃがいもは、家庭菜園でも人気があります。

育てやすい品種が多く、少し深めのプランターでも栽培でき、
土の中から収穫する楽しみもあるので、子どもと一緒に育てるご家庭も多いです。

 

家庭菜園で収穫した野菜は、美味しさも格別ですが、

じゃがいもの場合は毒素に注意しなければいけません。

 

それは、じゃがいもの毒素は小さくて未熟な小いもに

より多く含まれているからです。

 

家庭菜園では、市販のものと比べるとしっかりした世話ができず、

未成熟な小さいサイズのじゃがいもが収穫されることが多いためです。

しかも、子どもは大人の10分の1の毒素量で中毒になってしまうので、

注意が必要です。

 

掘りたてで新鮮だから大丈夫、芽がまだ出ていないから大丈夫、

ということではないと覚えておきましょう。

 

保存方法にも気を付けよう!

じゃがいもを保管するときは、暗くて涼しい場所に保管するのがいいのですが、

それなら冷蔵庫に入れておけばいいのでは?と思いませんか。

 

冷蔵庫は「暗くて涼しい場所」ですよね。

物置や保管庫があるご家庭はいいですが、

ない場合は冷蔵庫にじゃがいもを保管することもあると思います。

 

紙袋に入れて、それをさらにビニール袋に入れると、芽も出ず、

水分も失わず、長期保存できます。

 

しかし、じゃがいもを冷蔵庫で保管すると、意外な落とし穴があるのです。

 

それは、じゃがいものデンプンの一部が糖に変わってしまうため、

味が変わってしまい、揚げ物など高温調理のとき焦げやすくなってしまいます。

 

また、最近では、その糖とアミノ酸が反応して、アクリルアミド

という発がん性化学物質ができてしまうことが報告されています。

 

冷蔵庫で保管したじゃがいもは、揚げたり炒めたり高温処理するのではなく、

煮たり蒸したりする方が適しているそうです。

 

まとめ

じゃがいもの芽や緑色の皮に含まれている毒素は、

鮮度に関わらずしっかりと取り除きましょう。

 

 

 

この記事を読まれた方は、こちらの記事もチェックしています