「美容院」と「美容室」、呼び方は違いますが、

見た目でははっきりとした違いがないですよね。

規模の違い?施術の違い?

なにか違いはあるのでしょうか?

実は…!

美容院と美容室、この2つに違いはありません。同じなのです!

ただ呼び方が違うだけで、規模や施術内容に違いはありません。

それぞれ呼び方が違うのは、オーナーの好みということですね。

「ビューティサロン」「ヘアーサロン」についても、

呼び方が違うだけです。

 

美容師法という法律がありますが、

その中で「美容」とは「パーマ、結髪、化粧など方法により容姿を美しくすること」で、

その美容業を行うため施設は「美容所」としています。

つまり、これが美容院や美容室のことです。

とはいうものの、美容所という名前がついたお店は見たことがありませんね。

院と室の言葉の違いは?

美容院と美容室という2つの言葉を比較してみると、

「美容院」の方が、昔からあるパーマやさんという感じがしませんか?

 

美容院の「院」という字は、「公共性のある施設や機関」という意味があります。

病院、議員、寺院も同じです。

 

かつての美容院といえば、お客さんが世間話をする賑やかな社交場であり、

情報交換の場でした。

美容を施す場所というだけでなく、そういった公共的な場所でもあったので、

「美容院」と呼ばれたのかもしれません。

 

一方、「室」は部屋のことを意味することから、

「院」よりも狭いイメージがありますが、個々にいろいろな髪型を楽しむ時代になり、

そのための特別な空間として「美容室」が増えていったのではないでしょうか?

ひょっとしたら…?

美容院と病院って、よく似てると感じたことはありませんか?

小さい子が「びよういん」と「びょういん」の言葉の違いがよくわからないことがありますが、

美容院が美容室と呼ばれるようになったのは、この勘違いを無くすため、

という理由もあるのかもしれませんね。

 

まとめ

美容院と美容室には違いはありません。

呼び方だけが違うだけです。

名前は大事ですが、肝心なのは美容師さんの腕ですね!

 

 

この記事を読まれた方は、こちらの記事もチェックしています