気がつけば爪に黒い線が入っていた…ということはありませんか?

爪の根元を強く打ちつけてしまったり、ドアに挟んでしまったりすると、

爪に黒い線が出ることがありますが、その場合は生え変わると元に戻ります。

 

でも、そういう外的要素が思い当たらないときは?

どのような原因が考えられるか、調べてみました。

爪のホクロの場合

爪の黒色線条という、良性の色素性疾患による場合があります。

簡単にいうと、爪にできたホクロです。

 

爪の根元にホクロができると、爪に黒い線がでることがあります。

新しい爪は、爪の付け根の部分から生まれてくるのですが、

爪の根元にホクロができると、そこから生えてくる爪にも、

ホクロのメラニン色素が移行されて生えてくることになります。

 

ホクロは、皮膚の内部にあるメラニン色素がだんだん上層真皮に

上がってくるので、丸い点として現れるのですが、

爪の場合は横に伸びていくので、黒い線として現れます。

 

悪性化する心配は少ないですが、見た目が気になる場合は手術で

除去することもできます。

 

 

悪性黒色腫(メラノーマ)の場合

悪性黒色腫はメラノーマといわれ、いわゆる悪性のほくろのガンです。

メラノーマは爪だけではなく、足のうらや手のひら、背中や腹など、

体のいろいろな部位にも発生することがあります。

 

もし、爪の黒い線の幅が広がってきたり、まだらに広がったり、

色も濃くなったり薄くなったり変化するときは注意が必要です。

 

メラノーマは、メラニン色素細胞がガン化したものだといわれています。

そのガン細胞がメラニン色素を多量に生産し、

そのため黒い線の色や形が変化してきているのかもしれません。

 

もし爪のメラノーマの場合、治療を始めるのが遅いと進行してしまって、

最悪の場合、指を切断しなければいけなくなります。

そうなる前に、皮膚科へ行って調べてもらいましょう。

 

爪の変色

爪は健康のバロメーターといわれることがあります。

変色しているのは何か原因があると考えられます。

 

たとえば、爪が白っぽいのは貧血のためといわれ、薄く剥がれることもあります。

重度の貧血になるとスプーン状に爪がへこんでしまいます。

 

爪が黄色っぽくなるのは、爪甲剥離症(そうこうはくりしょう)という内臓疾患や皮膚疾患、

細菌による感染症、または外的要素によって爪の表面が剥がれたときの状態です。

 

また、ネイルで付け爪をするときに、地爪と人工爪の間に菌が

入ってカビが生えることがあり、爪の表面が緑色になることもあります。

 

その場合は病院へ行ってカビが広がらないよう内服薬を処方して

もらい、新しいきれいな爪に生え変わるまでネイルはやめておきましょう。

 

まとめ

爪に黒い線ができる原因は、爪のホクロで心配ない場合と、

メラノーマといわれる悪性ガンの場合があります。

 

どちらにしても自己判断は危険ですので、病院で診察してもらいましょう。

また爪の色をよくみることが健康チェックにもなります。

 

 

 

この記事を読まれた方は、こちらの記事もチェックしています