どうしても葬儀に参列できないとき、お悔やみを伝える弔電を使用すると思います。

弔電を送る時に敬称をどうしたらいいんだろう?

何かいい文例はないかな?と悩んだ事はないですか?

 

定型の文例もたくさんあるので、そのまま使ってもいいですし、

言葉を入れ替えて文例を元にアレンジしてもいいですね。

 

まずは、敬称を見ながら、弔電の文例を探してみましょう。

 

敬称をどうするか

弔電を送る場合の敬称は、電報を受け取る喪主と故人との関係で判断します。

  • 祖父…ご祖父様、おじい様
  • 祖母…ご祖母様、おばあ様
  • 父…ご尊父様(ごそんぷさま)、お父様、父上様
  • 母…ご母堂様(ごぼどうさま)、お母様、母上様
  • 夫…ご主人様、ご夫君様(ごふくんさま)
  • 妻…ご令室様、奥様
  • 息子…ご子息様、ご令息様
  • 娘…ご息女様、ご令嬢様
  • 兄…お兄様、兄上様、ご令兄様
  • 姉…お姉様、姉上様、ご令姉様
  • 弟…弟様、ご令弟様
  • 妹…妹様、ご令妹様
  • おじ(父母の兄・義兄)…伯父様(おじさま)、伯父上様
  • おば(父母の姉・義妹)…伯母様(おばさま)、 伯母上様
  • おじ(父母の弟・義兄)…叔父様(おじさま)、 叔父上様
  • おば(父母の妹・義妹)…叔母様(おばさま)、 叔母上様

 

また、弔電やお通夜、お葬式などでは「忌み言葉」という、

使ってはいけない言葉があります。

 

これは、「たびたび」「ますます」「重ね重ね」など、不幸が繰り

返し起こらないようにという意味で、忌み言葉とされています。

 

葬儀がキリスト教式の場合、「往生」「冥福」「成仏」というような

仏教用語は使わないよう気を付けましょう。

 

弔電でよく使われる文例

 

弔電は、故人の死を偲んで送りますが、その宛先は喪主ですから、

喪主に対してお悔やみを述べることになります。

 

基本的な文例は次の通りです。

「○○様のご逝去の報に接し、謹んでお悔やみ申しあげます。」

「○○様のご逝去を悼み、心よりご冥福をお祈りいたします。」

 

「○○様」というところには、たとえば喪主の父親が亡くなったなら、

「ご尊父様」「お父様」というように喪主からみた故人との関係を入れます。

また、「○○様の」を入れなくても問題ありません。

 

これだけでも十分ですが、もう少し文を増やしたいときは

次のような文例もあります。

 

・故人と親しい、または面識ある場合の文例

 

「ご生前をお偲びし、悲しみにたえません。」

「お元気だったころのお姿ばかりが目に浮かび、訃報がいまだに信じられません。」

 

・故人がお元気だったのに急に亡くなられた場合の文例

 

「突然の悲報に接し、驚いております。」

「あまりに突然のご逝去、お慰めの言葉もございません。」

 

・故人とあまり面識がなく、喪主を気遣う場合の文例

 

「ご家族の皆様のお悲しみはいかばかりかとお察しいたします。」

「お悲しみをお察し申しあげますとともに衷心より哀悼の意を表します。」

 

このような文の後に、「謹んでお悔やみ申しあげます。」、

または「心よりご冥福をお祈りいたします。」と続ければ完成です。

 

 

親しい親戚の場合の文例

 

自分をかわいがってくれた祖父や祖母、おじさんやおばさんなど、

親しい親戚が亡くなったとき、やむをえず葬儀に参列できず

弔電を送る場合もあるでしょう。

 

弔電の文面はかしこまったものを使うのが礼儀ですが、

小さい頃たくさん遊んでくれたり、面倒をよく見てくれたような親しい親戚には、

もっと親しみのある文面にしたいと考える人もいるかもしれません。

NTTの弔電の文例には次のようなものもあります。

 

「訃報に接し、悲しみでいっぱいです。

いつもうれしそうな笑顔で迎えてくれたおばあちゃん。

私達をどんなに大切に思ってくれていたか、いつも胸の中にあります。

おばあちゃんのように優しく、力強く生きていきます。天国から見守っていてください。」

 

「いつまでも、いつまでもお元気で長生きしてくださるものと思っておりました。

在りし日のお姿を偲び、心からご冥福をお祈りいたします。」

 

「ご生前の笑顔ばかりが目に浮かびます。どうぞ安らかな旅立ちでありますよう、

心からお祈りいたします。」

 

まとめ

弔電で、敬称をつける場合は、喪主からみた故人の関係からつけます。

言葉の使い方には気を付けなければいけませんが、

親しい親族の場合は少し砕けた文面でも大丈夫です。

 

ご紹介した弔電の文例を参考にしみてくださいね。

この記事を読まれた方は、こちらの記事もチェックしています