もうすぐ今年も終わりですね。
みなさん、初詣には行きますか?
お賽銭入れてお参りして、ドキドキしながらおみくじ引いて。
あれ?そう言えば、吉と中吉ってどっちが良いの?小吉は?

おみくじの順番、知ってるようでわからない?!

よくわからなくなるのが、「吉」と「小吉」とかですかね?

「小」がつくから、「吉」より悪いんだっけ?って、思ってしまいそうです。

正解は
大吉-中吉-小吉-吉-凶-小凶-大凶

「小さい吉」よりも「普通の吉」の方が下なんですね。

ただ、おみくじの順位の数は神社によって異なるそうなんですよ。
多く分かれているところだと、50種類にものぼるとか?!

他には
半吉、末吉、末小吉、平、吉凶相交
凶末吉、凶向吉、凶、半凶、中凶

なんてのもがあるそうですよ

聞いたことがない物が結構ある。。。

けれども、おみくじの目的は、運の順位を決めることではないんですよ!
「大吉」とか「中吉」とかよりも、
その中に書いてある内容を読んで、今後の行動の指針とすることなんです。
ただの運試しではありませんよ^^;

ひいた後のおみくじは?

ひいた後のおみくじ、みなさんはどうしてますか?
私は結んで帰るんですが、友達に聞くと、
財布の中に入れてる人や翌年に神社に納めるって人もいたりしました。
「大吉なら財布に入れて持ち歩き、それ以外なら結ぶ」なんて友達も(笑)

実際のところ、おみくじは持って帰るのと結んで帰るのと、
どうするのが良いんでしょう?

調べてみたら、実際には特に決まりは無いそうです。

おみくじを結ぶのは、その神社との縁を結ぶという事であり、
大吉を結んでも、大凶を結んでも、それは構わないそうです。
同じように、大吉以外を持ち帰っても問題はありません。

持って帰ったおみくじの処分はどうすればいいの?

ゴミとして捨てても罰は当たりません。
ですが、なんとなく後味悪いですよね?^^;
やっぱり神社に持っていくのがいい気がしますね。

まとめ

大吉か凶か、そんなことばかり気になってしまうおみくじですが、
それ以外にも大切なメッセージがたくさん書かれています。
持ち帰ってとっておき、悩みがある時、岐路に立った時に
読み返すのも良いかと思います。

ある意味、それが大吉を呼び込む方法なのかもしれませんよ!

この記事を読まれた方は、こちらの記事もチェックしています