お盆には、ご先祖様や故人の霊が帰ってくると考えられています。

そのとき霊が迷わないよう目印として飾るのが盆提灯です。

お盆のときに焚かれる「迎え火」や「送り火」と同じ意味を持ちます。

そんな盆提灯の飾る時期や、場所、種類について調べてみました。

盆提灯を飾る時期は?

お盆といえば、一般的に8月15日のことをいいますよね。

しかし、旧暦が使われていた頃は、お盆は7月15日だったので、

その風習が残っていて、旧暦の7月15日に行われる地域もあれば、

新暦の7月15日に行われる地域もあります。

お盆が7月でも8月でも、

盆提灯を飾るのは迎え火である2日前の13日までに飾るようにしますが、

月始めには飾っておくご家庭が多いようです。

そして、送り火である16日には、盆提灯の明かりを消すので、

17日以降に片付けます。

盆提灯を飾る場所は?

絵柄の入った盆提灯は、お仏壇や精霊棚をはさんで対称に飾るのが基本
です。

盆提灯が2種類あるときでも対にして飾ります。

しかし、飾る数は決まっていないので、

住宅事情を考慮して片側に1つだけでも構いません。

盆提灯は、親戚や故人と親しかった人から贈られるものだったの

で、多く飾っていればそれだけ個人が慕われていた、ということ

を表しているといわれていました。

しかし、最近では住宅事情により飾るスペースが限られるため、

たくさん盆提灯をいただいても、全部飾れないと小分けにして

少しずつ飾る家も増えています。

盆提灯の種類は?

盆提灯には2種類あり、上から吊るす提灯と、

下に置く行灯があります。

飾るのはどちらのタイプでも意味の違いはありません。

吊るすタイプのものでは、

御所提灯、御殿丸、住吉提灯などがあります。

御所提灯…壺型の吊り提灯。新盆用は白提灯。

御殿丸…丸形の吊り提灯。

住吉提灯…筒形の細長い提灯。おもに九州・中国地方で使われる。

下に置くタイプのものには、大内行灯・回転行灯などがあります。

大内行灯…足が木製で作られた高級タイプ。明かりを灯す火袋

部分が絹で作られています。

回転行灯…足がプラスチック製で、火袋には和紙を使用しているので、

大内行灯よりは値段が高くありません。

明かりを灯すと火袋の中の回転灯の絵柄が回って見えます。

棚の上にも飾れる小型の霊前灯や、洋間にも飾っても違和感のない、

小型で筒形の行灯もあります。

提灯や行灯は、火袋の電球によって明かりが灯されますが、

最近ではLEDライトも使用されています。

地域によっては家紋入りの提灯や行灯を使う場合もありますが、

その場合は2~3週間かかることがあるので、

早めに注文する必要があります。

まとめ

盆提灯は、迎え火にあわせて飾り、送り火が過ぎたら片付けます。

お盆が始まる月初めから飾っても大丈夫です。

提灯のほかに行灯もあり、両方飾ってもどちらかでも構いません。

この記事を読まれた方は、こちらの記事もチェックしています