お盆は故人の御霊が家に戻ってくる日として知られています。

新盆(初盆)は故人の四十九日が過ぎ忌明けて、

初めて家に戻ってくる日です。

新盆に備えて、新盆提灯を用意しましょう。

新盆提灯の飾り方について調べてみました。

新盆提灯とは?

お盆には、霊が帰ってくる家を迷わないよう目印として盆提灯を飾ります。

これは、お盆のときに焚かれる「迎え火」や「送り火」と同じ意味を持ちます。

新盆のときは、新盆用の提灯を用意しましょう。

初めて戻ってくる故人の霊が迷わないために飾られる提灯です。

新盆提灯は、白紋天提灯(しろもんてんちょうちん)という、

絵柄の入っていない白提灯で、吊り手や輪の部分は白木で作られています。

初めてお盆お迎えることから、

清らかで汚れがない清浄無垢(しょうじょうむく)の白い提灯で

霊を迎えるという意味があります。

この新盆提灯は新盆専用なので、次のお盆には飾りません。

お盆の時期が終わったら処分します。

新盆提灯を飾る場所は?

絵柄入りの盆提灯は何個飾っても大丈夫ですが、

新盆提灯は1つだけあれば十分です。

通常の絵柄入りの盆提灯や行灯と一緒に飾っても構いません。

絵柄入り提灯も一緒に飾る場合は、

仏壇の両脇に絵柄入り提灯と白提灯をそれぞれ飾るようにします。

もし白提灯1つだけを飾る場合は、仏壇の中央につるしても大丈夫です。

飾る場所は、玄関先や軒下でもいいですし、

仏壇や盆棚の上に吊るしてもいいです。

マンションなので玄関先には飾るのはちょっと…という場合は、

ベランダや窓際でも大丈夫です。

また、新盆提灯はローソクの火を灯すことができるようには

作られていますが、火災の心配があるので火は使わずそのまま

吊るすのが一般的です。

盆提灯は専用のローソク電池灯を使ったり、

最近ではLEDライト付きのものもありますが、

新盆提灯は一度しか使わないため、

そこまでのこだわりは必要ありません。

誰が用意するの?

昔からの風習としては、新盆提灯は故人の家族が用意し、

絵柄入りの盆提灯は親戚などが贈ることになっていました。

新盆のときだけしか飾らない新盆提灯はすぐに処分してしまうのに対して、

絵柄入り盆提灯は毎年使用するのでお盆の贈り物とちょうどよかったと考えられます。

しかし今では、新盆提灯も絵柄入り盆提灯も個人の家族が用意する場合も

多くなっています。提灯を飾るのは故人の家族ですから、

その家の提灯を飾るスペースや好みの問題もあるので、

親戚などからは盆提灯用に現金をいただき、

故人の家族が欲しいと思う提灯を購入するというパターンも増えているようです。

まとめ

新盆には新盆提灯を飾りましょう。

絵柄のない白提灯は、故人の御霊を初めて迎える目印です。

吊るす場所は玄関先でも仏壇の近くでもベランダでも構いません。

新盆提灯は新盆のときのみ飾るので、終わったら処分しましょう。

この記事を読まれた方は、こちらの記事もチェックしています