身が大きくて、お吸いものに入れると存在感抜群のはまぐりは、

ひな祭りでも食卓に並ぶ定番となっています。

でも、きちんと砂抜き出来ていなかったらどうなるでしょう。

口に入れると「ジャリジャリ」とした食感が残ってしまい、

せっかくの美味しいお料理も台無しになってしまうし、

ご主人やお子さんからのブーイングも起こりかねません。

 

そこで、誰でも簡単にハマグリの砂抜きが出来る方法をご紹介します。

 

3時間で完了!ハマグリの砂抜き方法

【手順1】

 

 

まずは、ハマグリを流水でしっかり洗いましょう。

一つずつ丁寧にゴリゴリと、貝が割れない程度にこすりあわせながら、

泥や汚れを、十分に洗い流します。

 

【手順2】 

 

1リットルの水に対し、30gの塩を入れて、

海水くらいの濃度の食塩水を作ります。

イメージとしては「海水」です。

これを頭に思い浮かべておけば、失敗なく食塩水を作る事が出来ます。

 

【手順3】 

 

作った食塩水をバットに流し、洗ったハマグリを一粒ずつ離して浸けておきます。

この時に注意する事が2つあります。

 

一つ目は、ハマグリ同士をくっつけすぎない事。

それは、一つのハマグリが吐いた砂を、別のハマグリが吸い込んでしまうからです。

なのでなるべく離しておきましょう。

 

二つ目は、食塩水を入れすぎない事。

食塩水が多すぎると、ハマグリが開きにくくなったり、

中には死んでしまうものもあります。

そのため、食塩水はハマグリがかぶるくらいがベストです。

 

【手順4】

 

ハマグリを並べたバットを、新聞紙やアルミホイルで覆います。

そうする事で光がさえぎられ、ハマグリがリラックスして砂を吐き出すので、

この工程はしっかりと行いましょう。

 

そして常温で3時間程放置しておきます。

何故常温が良いのかと言うと、冷蔵庫などの温度が低い場所に置いておくと、

水温が低くなり、貝が仮眠状態に入ってしまいます。

そのため、砂の吐きが悪くなってしまうので、

放置する時は常温が良いでしょう。

 

スーパーで購入した砂抜き済みのハマグリは砂抜き不要?

kangaeruhito

 

スーパーでよく目にするのが、「砂抜き不要」や「砂抜きしています」の文字。

これって本当に砂抜きしなくでいいの?

と思った事ありませんか?

 

買って帰ったそのままのハマグリを調理して食べた時に、

ジャリッっとした食感が口に残るのは嫌ですよね。

やっぱり砂抜きしておけばよなかった・・とならないように、

念のため自分でも砂抜きをする事をおすすめします。

 

砂抜きしたハマグリは冷凍保存が可能!!

 

砂抜きしたハマグリは、その日に使いきれなければ冷凍保存も可能です。

砂抜きしたものをさらにしっかり洗って、

ジップロックやタッパーに入れて保存しておきましょう。

中には貝が痛んでしまったり、すでに死んでいるものもあります。

どんなものかと言うと・・・

 

・貝同士をぶつけ合わせた時に、ガシャガシャと低い音がする

 

・半開きの貝を指で触っても全く口を閉じてくれない

 

・明らかに貝から異臭がする

 

もし洗っている時に、こんな貝を見つけたら惜しまず捨てて下さいね。

砂抜きするまえにもチェックしてみると良いです。

 

まとめ

 

基本的にはまぐりも、しじみやあさりと同じ方法で砂抜きする事が出来ます。

ポイントは、海水をイメージして食塩水を作る事と、

常温で放置しておく事です。

それさえしっかり行えば、誰でも簡単にハマグリの砂抜きをする事が出来るので、

是非参考にしてみて下さい。

【主婦の方必見】あさりの砂抜きが失敗する5つの原因とは?

失敗しないしじみの砂抜きと、5分で出来る簡単砂抜き方法!

 
 
 

この記事を読まれた方は、こちらの記事もチェックしています