woman-1601241_960_720
 

妊娠中、日に日に大きくなるお腹を撫でながら赤ちゃんに会える日を楽しみにしているママ。

お腹が大きくなると、掃除や洗濯といった家事も大変ですが、

妊娠後期の妊婦さんによく起こるのが「こむら返り」です。

 

でも、どうしてお腹が大きくなるとこむら返りが起こるのでしょうか。

頻繁に起こると辛いこむら返りの原因を理解し、日頃からしっかりと予防しましょう。

 

1 妊娠するとこむら返りが起きる理由

 

妊娠中、朝起きた時や横になっている時、足を伸ばした時、

急に「足がつった!」という経験をした事がある妊婦さんは多いのではないでしょうか。

これがこむら返りと呼ばれるものですが、特に妊娠5ヶ月頃の中期から後期にかけて、

こむら返りが起きやすいとされています。

 

こむら返りが妊娠中によく起こる理由は下記の3つの事が原因とされています。

 

1-1 体重増加

 

妊婦すると、お腹の赤ちゃんが大きくなるとともに、

お母さんの体重もみるみる増加していきます。

体重が増えると、足の筋肉に負担がかかってしまいます。

こむら返りは、ふくらはぎに負担がかかるほど起きやすいといわれているのですが

妊娠中の体重増加は当たり前。

太りすぎはNG!と言われる1つの理由は、足に負担がかかりすぎてしまうからなのでしょう。

 

2-1 下半身の圧迫

 

妊娠後期になると、足の付け根が見えないくらいどんどんお腹が大きくなりますが、

同時に下半身はかなり圧迫されてしまいます。

そうするとリンパ節であるソケイ部の血流が悪くなり

こむら返りが起きやすくなってしまいます。

 

3-1 カルシウムやマグネシウムの不足

 

妊娠中、特に必要とされる栄養素が、カルシウムとマグネシウムです。

「赤ちゃんのためにもカルシウムはしっかり摂りなさい」

なんて言われた方もいるかと思います。

こんな事を言うのは、骨や歯を丈夫にするためだからと思っていましたが、

実はミネラル不足は、こむら返りの原因の一つともされているのです。

 

特に妊娠中は、赤ちゃんへたくさんの栄養が送られるため、

お母さん自身の栄養が不足しがちです。

そのため、カルシウムとマグネシウムのバランスが崩れるとこむら返りが起こってしまいます。

 

2 こむら返の3つの予防法

2-1 リンパマッサージ

 
treatment-1327811_960_720

 

下半身が圧迫されると血流が悪くなり、こむら返りを起こしやすくなるので、

リンパマッサージを行う事で血行も良くなり、さらにむくみ予防にもなります。

家事の合間に、リンパ節であるソケイ部を揉んだりさすったりするとリンパの流れが良くなります。

体重の負担がかかるふくらはぎも、しっかりと揉みほぐすようにしましょう。

 

また寝る時は、心臓より足を高く上げて寝ると血液の流れが良くなるのでおすすめです。

仰向けで寝るのがしんどいと感じるのであれば、

横向きになって柔らかいクッションの上に足を乗せておくと楽ですよ!

 

2-2 カルシウムやマグネシウムを積極的に摂取する

 

妊娠してからこむら返りが頻繁に起こる方は、

カルシウムやマグネシウムなど妊娠中に必要な栄養素が不足されている場合もあります。

バランスの良い食生活を心掛けると同時に、こむら返り予防には欠かせない

カルシウムやマグネシウムを積極的に摂取しましょう。

 

~カルシウム・マグネシウムを多く含む食材~

  • 乳製品(牛乳やチーズなど`)
  • 小魚類(煮干し、ししゃも、桜えびなど)
  • 小松菜、ほうれん草
  • 海藻類(ひじき、わかめなど)
  • 大豆製品(豆腐、納豆、油あげなど)

 

毎日バランスの良い料理を作るのは大変ですが、納豆やほうれん草のお浸しなど、

一品追加するなど工夫してみて下さい。

そして、妊娠中の食べ過ぎを予防するためにも、ある程度の間食は必要です。

カルシウムなど、ミネラルの多い食べ物を積極的に摂ると良いです。

 

3-3 足を冷やさない事

 

足を冷やしてしまうと、冷えからこむら返りが起こります。

足元の冷えを改善するには足湯がおすすめです。

お風呂に入った際に、タライなど足首までしっかり浸かるくらいの深さのあるものにお湯を入れ、

そのまま足を浸けておくと足元からポカポカしてきます。

お風呂場は寒いし、滑らないか心配という方は、

テレビを見ながらリラックスして、足元の冷えを改善してみるのもおすすめです。

 

まとめ

 

妊娠中のこむら返りは、お腹が大きくなる中期頃から起こりやすいと言われます。

妊娠後期になると、さらにお腹が突き出し、動くだけでもしんどいですが

辛いこむら返りを予防するためにも足元を温め、

無理のなあえ範囲でリンパマッサージを行ってみて下さい。

 

そして、赤ちゃんのためにも、カルシウムやマグネシウムをしっかりと摂取し、

バランスの良い食生活を心掛けてみて下さい。

 

妊娠中のこむら返りは、ほとんどの妊婦さんが経験しています。

一人で悩まず、近くにいる先輩ママにアドバイスをもらいながら貴重な妊娠生活を楽しんで下さいね。
 

 
 
 
 

この記事を読まれた方は、こちらの記事もチェックしています